数学という科目は不思議です。この科目は小学校では算数といい中学校から数学と呼ばれます。大抵、小学校のころは算数が好きでも多くの人が中学、高校となると数学が苦手科目になってしまうようです。

はっきり申し上げすと数学は難しい学問です。ですから、これを一人でやるということは非常にたいへんです。つまり、最終的に数学で食べていける人、研究者になれる人というのは限られた人かもしれません。

しかし、入学試験という限られたところで出題される数学というと話はまた別です。

これは、教える人が教える能力が高い、つまり、教え方がいい人に数学を教えてもらえると数学という科目は全く何も知らない状態から始めたとしても大学受験では足を引っ張らない程度どころか得点元にさえなるのっです。

所詮大学受験などだれに教わったかによって結果が変わってしまう試験での偏差値など実はそれほど意味がないのです。しかし、多くの人は大人も子供もふくめてこの事実を知りません。acom 借り入れ